レスベラトロールの15倍!「カンカ」のポリフェノールで抗酸化

紫外線による活性酸素や肌の炎症を抑えて 若々しさを取り戻すサポートをする

紫外線などによって発生する活性酸素は、肌に対して炎症を起こしたり肌荒れの原因になったりして肌ストレスを生み出し、それがゆくゆくはシミやシワなど肌の老化をもたらすというといった悪影響を及ぼしてくると考えられています。そのため、このような活性酸素や炎症をできるだけ取り除こうとする働きを持つとされるポリフェノール(植物にひろく含まれる色素成分)が大きな注目を浴び、医療の分野だけでなく美容や健康の分野でも盛んに研究が行われています。

いまテレビ等で取り上げられ大きな話題になっているポリフェノールといえば、「レスベラトロール」があります。このレスベラトロールにはいろいろな働きがありますが、その中で、とりわけ活性酸素や炎症に対抗する「抗酸化力」に長けていることで有名な成分です。赤ワインやブドウの皮などに多く含まれているため、赤ワインのポリフェノールとしてひろく認知されており、食事時にワインを取り入れることを盛んに推奨する健康記事やコラムなどもよく目にすることが多いと思います。

ところが、そのレスベラトロールを超える抗酸化力を持つポリフェノールがあると聞けば、どうでしょうか。実は、高い抗酸化力のレスベラトロールを上回るポリフェノールに、「アクテオシド(acteoside)」という成分があります。このアクテオシドは、ハマウツボ科ニクジュヨウ属のカンカ(カンカニクジュヨウ Cistanche tubulosa)に豊富に含まれる主成分で、なんとレスベラトロールの約15倍、ビタミンCと比較しても約5倍の抗酸化力を持っているのです。

さらにアクテオシドには、血糖値を低下させる、血圧を下げるなど多くの働きがあることも各種研究から明らかにされており、ポリフェノールの特長である抗酸化・抗老化作用が非常に高いだけでなく、健康維持にも大変有効な成分と言えます。 この強い抗酸化力が、肌の炎症を抑えて肌トラブルを減らしてくれるだけでなく、シミ・シワといった肌老化の進行から解き放ち、健康の側面からも若々しさを取り戻すサポートをしてくれるわけです。

カンカのポリフェノール・豊富な有用成分で 抗酸化・抗老化ケア

さらにカンカには、「エキナコシド(echinacoside)」「カンカノシド(kankanoside)」という成分も多く含まれています。

このエキナコシドは、欧米で風邪の常備薬として古くから知名度の高い「エキナセア」というハーブの主成分でもあり、免疫力の向上を図りながら滋養強壮・抗菌・抗老化などに効果的に作用する働きで知られています。米国疾病対策センター(CDC)が定期的に行なっている国民健康調査(NHIS、National Health Interview Survey)の際のアンケートによると、成人32,374人のうちビタミン・ミネラルなどのベースメントサプリ以外のサプリメントで一年以内の使用経験があるのは14.5%、そのうち30.3%(調査中1位)の人がエキナセアを利用していたという調査(2000年度)も発表されており、エキナセア(エキナコシド)への支持が高いことが分かります。

カンカノシドは近年、新規に発見され抽出に成功した成分で、抗酸化作用や血管拡張作用など、こちらも大変有用な働きをするものとして、各界で注目を浴びています。これらエキナコシドやカンカノシドが、レスベラトロールにも勝る抗酸化力を持つポリフェノール・アクテオシドと相乗的に作用して、活性酸素や炎症に対抗するパワーを発揮するのです。

このほかにも、免疫力を高めるアルカノイド、強い抗酸化力を持つフラボン類、疲労回復に役立つアミノ酸などが含まれており、まだまだ解明しきれないほどの力を秘めるカンカですが、うれしいことに副作用のないことが多くの実験で確認されています。紫外線などによる炎症や肌トラブル、シミやシワなど肌の老化が気になる方に、カンカで体の中からのケアをお勧めします。

これまでは、サプリメントやドリンクといった形のものが主流でしたが、現在では毎日手軽に飲みやすいお茶タイプのものもありますので、ぜひお試しください。



※(ご注意)当社webページは、健康食品および化粧品業界の関係者の方・バイヤー様および関連業務に携わる方を対象として素材の情報提供を行っています。一般の消費者様への情報提供ではございませんので、あらかじめご了承ください。

ページ上部へ移動