1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 社会とともに
  4. 第2回国際カンカシンポジウム

第2回国際カンカシンポジウム

第2回国際カンカシンポジウム(2008年11月27日)

カンカの機能性研究を推し進める第2回国際カンカシンポジウムが、2008年11月27日に近畿大学にて開催され、日本・中国の産官学研究者や企業関係者など約200名が参集し、最新の研究成果が発表されました。

同シンポジウムでは、肝保護作用・血圧降下作用などの機能性の発表に加え、新たな方向性となる「美容・化粧品への応用」が発表され、会場の大きな関心を集めました。

カンカの多様な機能性に美容作用が確認されたことで、一層の発展・展開が期待されます。

第二回国際カンカシンポジウム
第2回国際カンカシンポジウム 講演プログラム
カンカニクジュヨウとその肝保護活性成分 ー 構造活性相関と作用機作 ー 近畿大学薬学総合研究所 教授/村岡 修
カンカニクジュヨウの高塩分飼料飼育ラットの血圧、赤血球膜流動性および血液粘度におよぼす影響 新疆中薬民族薬研究所 所長/賈暁光
カンカニクジュヨウ中のフェニルエタノイド配糖体がアミロイドβ蛋白誘導のPC12細胞の損傷に対する保護作用 北京大学中医薬現代研究所 教授/屠鵬飛
特別講演1
微小循環障害に対する丹参の改善効果とそのメカニズム 
北京大学基礎医学院中西医結合教研室 教授/韓晶岩
特別講演2
薬用食品にメタボリックシンドローム予防物質を探る ー ローズヒップ、甘茶、茶花 ー
京都薬科大学 教授/吉川雅之
カンカニクジュヨウ配合食品と医薬品の相互作用 森下仁丹株式会社 研究学術部/長友暁史
カンカニクジュヨウ抽出物の抗酸化能評価 大阪樟蔭女子大学大学院
人間科学研究科 教授/北尾 悟
カンカニクジュヨウエキスの化粧品への応用 株式会社成和化成 研究学術部/渡邊諒子
ページ上部へ移動